熊谷 幸志【リファイン仙台八木山 部長】

住まいを持つというのは凄く意味のあること。家には人生そのものが詰まっています。

【所属・役職】リファイン仙台八木山 部長
【名前】熊谷 幸志(くまがい こうし)
【ニックネーム】部長
【誕生日】1947年2月20日 うお座
【血液型】A型
【出身】宮城県気仙沼市
【入社年月日】2010年5月入社
【資格・特技】日曜大工。趣味が講じて最終的にはログハウスを自分で建てました。
【お休みの日は何してる?】日曜大工の趣味も講じて以前は出かけることも多かったのですが、最近は家ではテレビを見ながらゆっくり過ごすことが増えてきましたね。


■あなたのお仕事は?

やえがし工務店リファイン八木山の責任者として、スタッフと一緒にお客様の住まいづくりのお手伝いをしています。やえがし工務店ももちろんですが、リファイン八木山も、お客様に住まいづくりを通じてよりよい生活をしてもらうために、スタッフが一丸となって、家族のように働けていることが私の誇りです。
私も責任者の立場ながら、そんな仲間たちに助けられることも多いです。
頼りになるスタッフですよ。

■この会社(業界)に入ったきっかけは?

やえがし工務店に入るきっかけは、八重樫会長とのご縁です。
当時私は、商工会の事務局長として活動していました。
それで、当時商工会でも活躍する八重樫会長と一緒に仕事をすることになり、私が八重樫会長のサポートをする立場になったんです。

当時から八重樫会長は魅力的な方でした。
人間性というか、誰も持っていないオーラというかそういうものがありましたね。その点、私は、融通はきかないけど、はみ出ない、コツコツタイプの人間でしたので、八重樫会長と一緒に仕事をする上では、相性が良かったのだと思います。

元々、小さい頃から夜る間も惜しんで考えてしまうほど、モノづくりは大好きでしたから、そういった気持ちもあって、お誘い頂いたときは、喜んでやえがし工務店にお世話になることにしました。

 ■この仕事を「やっていてよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

お客様に“あぁ、感動を与えられたなぁ・・・”と実感できた時ですね。
八重樫会長が常々言っていた、「人に感動を与えられるモノでないとダメなんだ」という言葉、これを実行できた時はやっててよかったと思う瞬間ですね。

家を始めとしたモノというのは、人生を充実させてくれるとても大切な存在だと思うんです。
目に見えて、触れることができて、それを手にしたときに実感が湧きやすい。いろいろな打合せや想いがカタチになって現れるのが、モノなんです。
だから、そのカタチになった時に感動を与えられるか。それは私にとってとても大切なことなんです。

■逆に、大変だなぁと思ったのはどんなとき?

お客様のご相談にいかにご満足いただけるように行動できるか・・・ですね。
例えば、リフォームで現場調査に伺った時でも、住まいの不自由でお困りのお客様は、今にでも修理をして欲しいと思うんです。
私はなんとかなるものなら、なんとかしてあげられればという想いで対応させていただくと、お客様には凄く喜んでもらえるんです。

細かい感動の積み重ねで、お客様の心を掴むこと、信頼を頂くこと、これっきりの打合せではなくずっと続くという意識を持って仕事に正面から向き合うことが大切なんだと思います。

その意味では、震災による依頼が十分に対応しきれていないことはとても心苦しいことです。そのようなお客様にもいち早くお役立ちができるよう、していきたいと思います。

■社内でコレをやらせたら、右に出るものはいない!ことは何ですか?

日曜大工、ですね。細かい作業、きっちりした作業は好きですし、得意です。
モノづくりの面白いところは、毎回新鮮な気持ちで望めるところ。
それは仕事でも同じですね。リフォームの仕事、新築の仕事、一見、同じような作業の繰り返しに見えるかもしれませんが、実は毎回試行錯誤、違うんですね。

私はその違うということが楽しみで、一つの仕事が終わった時に次の仕事、日々新たに新鮮な気持ちで仕事に望んでいます。

■これからの夢・目標を教えてください。

これまで頂いてきた、信頼と実績をこれからも積み重ねていくことですね。
若い人にとって、住まいを持つというのは凄く意味のあること。
家は人生そのものが詰まっています。生まれた時、家族ができた時、家に帰った時、一人になっても、住まいがあることで、その人生がカタチあるものに、見えるもの触れるものとなるのですから。持つことに大きな意義があると言ってもいいくらいだと、私は思っています。

その上で、信頼できる建設会社に出会えることもとても大切なこと。その信頼できる存在に多くの人にとってそうなれればと思います。だからこそ、お客様には正面から向きあっていたい。やえがし工務店との出会いがその方にとっていい出会いになるように、してきたいですね。