地震被害で気になることがあれば・・・・・

今年の冬は、寒さと雪が多く、コロナの終息も見えない中ではありますがもうすぐ4月、桜の開花を楽しみにしています常務の玉手伸洋です。

 

2月13日の福島県沖地震(震度6強)と3月20日の宮城県沖地震(震度5強)と相次いだ大きな地震で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げす。

13日の地震に遭われた弊社OB様より2月18日にご連絡を頂戴しました。福島県沖地震の影響による建物被害状況を確認して今後のアドバイスをしてほしいとの内容でした。

私たちの仕事は、各現場の管理を中心に、建物の調査・修繕・リフォーム・メンテナンスのアドバイスなどもさせてもらっております。

早速、調査ご依頼をいただいた建物に急行しました。

その土地の地盤や建物構造、築年数などを考慮しながら、早めに補修が必要な個所、簡単な補修で対応可能な個所、今後、また大きな地震が来た場合での影響も考えながら慎重に確認させていただきました。

 

 

現在、お客様へ調査報告書を提出しアドバイスをしながらの修繕計画の打合せ継続中です。

先週、20日にも強い地震があり、さぞ心細い思いと不安でいらっしゃるかとお察しいたします。

そんな中で、お住まいに関するご不安に対しては、その「不安の解消」をさせていただくことも私たちの仕事です。

気になることがありましたらお気軽にご相談

ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA