Panasonicリフォームclub 東京研修に行ってきました。

仙台店 塩野です。

 

 

11月9日にパナソニック様のご招待で

テクノストラクチャーを使用したモデルハウスとパナソニックセンター東京見学に

弊社、女性社員4人(裕子専務、庄子、成田、塩野)で参加してまいりました。

 

朝新幹線で東京へ。

お昼前に東京に到着し、お台場・レインボーブリッジを眺望できる素敵なレストランでランチを頂きました。

普段お弁当の私にとっては幸せな時間でした。

 

 

 

そして午後から豊洲にあるテクノストラクチャーモデルハウスへ。

 

 

まずテクノストラクチャーってなんだろう?と思う方が多いと思うのでご説明します。

 

テクノストラクチャーとは、木と鉄を組み合わせた梁「テクノビーム」を採用したパナソニック独自の耐震構造です。2階建て以下の木造住宅では義務化されていない構造計算を一棟ごとに行うので、高い耐震性を実現しております。さらに、強い構造体により広々としたリビングや、高い天井高を確保することが可能になり、今までにないのびのびとした空間を造ることができます。

 

 (左) 従来の木梁  (右) テクノビーム

 

 

…という最強なテクノビームを使用しているだけあり、LDKは幅5.5m、天井高2.8mの35帖の大空間がエントランスを抜けた先に広がっておりました。

 

 

 

私が見てきた住宅で1番広いのではないか?と思うぐらいです。

照明、設備ともにパナソニックの最新設備が設置しており、他にも、太陽光発電システム、屋上庭園、中階層にある書斎コーナーなど、次世代の暮らしを再現したモデルハウスでした。

 

 

 

その後有明にあるパナソニックセンター東京へ。

 

 

パナソニックセンター東京は、パナソニックが考える

「2020年~2030年のより良いくらし」

「A Better Life, A Better World 」をひと足先に体験できる施設です。

 

 

例えば・・・

・スーパーでは買い物カートが自動運転しお客様についていく。

・飲食店ではテーブルにメニューが映し出されタッチして注文。

・住宅では玄関に人が来るとウイルスを検知し、風でウイルスを落とす。

・キッチンでは冷蔵庫の中身でメニューの提案、レシピまで表示。

・洗面台では、今日の予定に合ったメイクや服装の提案、気分によって音楽も流れる。

 

 

このような未来の暮らしを体感しました。

今の生活では考えられない設備の連続で、一同驚いてばかりでした 🙄

あと10~20年後に果たして私は社会に適応できているのか、と心配になるぐらいです。

それと同時に発展した未来が楽しみでもありますね 🙂

 

 

今後のパナソニックをはじめ日本の技術の進化に目が離せないです!

とても素晴らしい設備ばかりのパナソニックセンターでした!

 

 

 今回一緒に同行した皆さんと集合写真

 やえがし工務店 女性メンバーで。

 

 

貴重な見学・体験が出来て満足感に満ち溢れながら、帰路につきました。

 

 

 

今回招待して頂いたパナソニック様、

ぜひ参加して下さいと言って頂いた裕子専務に感謝です!

 

また新たな気持ちで仕事に取り組んでいきたいと思います!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA